HOME1.最新情報
2.既刊のご紹介→
3.雑誌掲載作リスト→
4.ドラマCD→

1.最新情報

☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年12月14日(土)発売
タイトル:「出発前夜」
     雑誌「小説b−Boy」1月号(20周年特別編集号)(リブレ出版)にショート小説掲載

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年11月19日頃発売
タイトル:「皇帝は月姫を愛でる」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年5月19日頃発売(2013年3月→5月に発売延期)
タイトル:「皇帝は初嫁を迎える」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年4月19日頃発売
タイトル:「黒豹王の新妻」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:緒田涼歌先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年4月13日頃発売
タイトル:「仔虎がいっぱい」
     雑誌「小説b−Boy」5月号にショート小説掲載

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2013年1月13日頃発売
タイトル:「河童の婿入り 〜千年の命、百年の恋〜」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:六芦かえで先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2012年9月19日頃発売
タイトル:「皇帝は赤い糸に誓う」
     ((ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2012年4月27日頃発売
タイトル:「香港華族の愛人」
     (角川ルビー文庫(角川書店))

挿絵:かんべあきら先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2012年3月19日頃発売
タイトル:「皇帝は寵妻を侍らす」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2012年1月20日頃発売
タイトル:文庫「悪食姫 恋する悪魔のプロポーズ」
     (一迅社文庫アイリス(一迅社)

挿絵:椎名咲月先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2012年1月19日頃発売
タイトル:ノベルズ「盗賊王子の花嫁」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:六芦かえで先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2011年8月19日頃発売
タイトル:「皇帝は恋姫を攫う」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2011年8月10日頃発売
タイトル:「ももいろヘヴン」
     (小説アンソロジー(新書館))


小説短編集です。加納のお話は、以前、雑誌「小説ディアプラス」に掲載された「先輩と……秘密の放課後v」です!

挿絵:桜木あやん先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2011年7月1日頃発売
タイトル:「独裁者の寵愛」
     (角川ルビー文庫(角川書店))

挿絵:六芦かえで先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2011年4月19日頃発売
タイトル:「花嫁の黒豹従者」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:緒田涼歌先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2011年3月12日頃発売
タイトル:「恋敵退散!!」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:こうじま奈月先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2011年2月18日頃発売
タイトル:「許されぬ恋に乱れて」
     (花丸文庫(白泉社))

挿絵:山田シロ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2010年12月28日頃発売
タイトル:「花嫁は熱砂に抱かれて」
     (角川ルビー文庫(角川書店))

挿絵:緒田涼歌先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2010年12月18日頃発売
タイトル:「皇帝は愛妃を娶る」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:松本テマリ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2010年9月14日頃発売
タイトル:「花嫁の黒豹従者」
     (雑誌「小説b−Boy」10月号(リブレ出版))

挿絵:緒田涼歌先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2010年9月13日頃発売
タイトル:「色街に艶の夜」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:香林セージ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2010年8月12日頃発売
タイトル:「色街に恋の花」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:香林セージ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2010年7月7日頃発売
タイトル:「竜宮さまのト・リ・コ」
     (ビープリンス文庫(アスキー・メディアワークス))

挿絵:果桃なばこ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2010年7月1日頃発売
タイトル:「花嫁は砂漠にさらわれて」
     (角川ルビー文庫(角川書店))

挿絵:緒田涼歌先生
2010年6月14日頃発売
雑誌掲載短編「黒豹の赤ちゃん♥」

雑誌「小説b−Boy」7月号(リブレ出版))
ショート小説劇場「恋人たちのファミリープラン♥」

ノベルズ「黒豹王子の求婚」(挿絵:緒田涼歌先生)の番外編です。
ラジャーン × アル に仔豹ちゃんがっ!!!???
☆★☆ 発売中 ☆★☆      ピンクnew      


発売日:2010年2月24日頃発売
タイトル:「ド「麗」な執事様」
     (もえぎ文庫ピュアリー(学研パブリッシング))

挿絵:ホシザイン先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      ピンクnew      


発売日:2010年1月21日頃発売
タイトル:「黒豹王子の求婚」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:緒田涼歌先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      ピンクnew      


発売日:2009年12月10日頃発売
タイトル:「蜜愛アラビアンナイト」
     (ディアプラス文庫(新書館))

挿絵:CJ Michalski先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2009年10月29日発売
タイトル:「ド「S」な執事様」
     (もえぎ文庫ピュアリー(学研パブリッシング))

挿絵:ホシザイン先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年9月7日発売
タイトル:「だってキツネなんだもん」
     (B−PRINCE文庫(アスキー・メディアワークス))

挿絵:杉原チャコ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年8月5日発売
タイトル:「白夜の愛鎖」
     (プラチナ文庫アリス(フランス書院))

挿絵:サマミヤアカザ先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年6月19日発売
タイトル:「艶麗なる下僕の求愛」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:椎名咲月先生
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年3月19日発売
タイトル:「皇帝は紫の褥を濡らす」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:門地かおり先生


もうすぐ皇帝となる紫用(しよう・17歳)は、お付きの冬波(とうは・27歳)に恋をしています。
幼い頃から仕えてくれている冬波になかなか想いを告げられない紫用ですが、なんとか皇帝になる前に告白しようと決意します。
しかし、想いを拒まれただけでなく、冬波に謀反の疑いが浮上し……!?


門地かおり先生の描いてくださった表紙が、すごく素敵なのです。
しっとり落ち着いていて、でも、なんだか二人の気持ちの熱が伝わってくるようで……!!
細かく本当に美しく描いていただいているので、この絵が一部分でもタイトルで隠れるのがもったいないです!!!!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年3月13日発売
タイトル:「恋の王朝絵巻 〜天女の羽衣〜」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:こうじま奈月先生


都の皇子である鷹将(たかまさ)たちとともに、旅に出た明良(あきら)。
鷹将は物語好きな明良のために、天女の羽衣伝説の残る湖へ立ち寄ってくれます。
しかし、そこで明良の一行は、羽衣を盗んだ犯人扱いされてしまい……!?

神楽にラブな、新しいキャラも登場しますよ……♪


こうじま先生に、とってもふんわりな、爽やかな表紙を描いていただけました♪
鷹将に抱き上げられている明良が、まるで天女が舞っているようです……!!
口絵もラブな二人で、すごく幸せそうです♪♪
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2009年2月24日発売
タイトル:「吸血鬼のお嫁さん!?」
     (もえぎ文庫ビュアリー(学習研究社))

挿絵:ホシザイン先生


高校二年生の海(うみ)は、吸血鬼と人間のハーフで、吸血鬼のハンターです。
そのことで、吸血鬼の大王に命を狙われています。そんな海を、吸血鬼の夕夜(ゆうや)は守ってくれると言いますが……!?

大王は最強の吸血鬼である『青の吸血鬼』・刀吏(とうり)に、海を殺すように命じます。
夕夜は、愛する海を守れるのか……!!!???


ホシザイン先生の描いてくださった表紙の海は、とっても可愛いドレス姿です♪
ウエディングドレス……か!!!??? みたいな(笑)
刀吏に命を狙われる海とか、緊迫感のある感じに描いていただけてうれしいのです。
そして、口絵の海と夕夜が、すっごい甘くてラブラブなのですよ〜!! けも耳つきエッ○です♪♪
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2009年1月7日発売
タイトル:「ヌードな予感」
     (B−PRINCE文庫(アスキー・メディアワークス))

挿絵:南月ゆう先生


高校二年生の匠(たくみ)は、ある日、友達の筒井に頼まれて、絵画の天才・鷹沢(たかざわ)のモデルをやることになります。
鷹沢は同じ学年で、でも、他のクラスの生徒です。ぶっきらぼうで、匠は近寄りがたく感じていました。
これまで口をきいたこともないのに、なぜか、鷹沢が匠をモデルにしたいと言っているようなのです。
しかも、鷹沢が描きたいと望んでいるのは、匠のヌードで……!?

甘酸っぱいレモン味(担当さん談)なのです♪


南月先生が描いてくださった表紙が、とても爽やかなのです♪
初々しいぞ、この! みたいな!! ラブな二人です〜。
絵筆で匠の身体を撫でちゃう(!?)口絵も、真顔でエロい……鷹沢の天然っぷりと匠の困惑ぶりが表情から伝わってきて、ドキドキしちゃう感じに描いていただけましたよ〜!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年9月22日(月)発売
タイトル:「東京魔人倶楽部」
     (プリズム文庫(オークラ出版))

挿絵:ほづみ音衣先生


二十日ネズミのハツカは、瀕死のところを悪魔の将人(まさと)に救われ、彼の屋敷でお手伝いとして働くことに。人間の姿をとれるように魔力をもらい、高校に通っているハツカは、将人に淡い恋心を抱いています。
そこに、将人と親しい愁(しゅう)という男が現れ、ハツカの恋を妨害してきて……!?

雑誌・小説アクアに掲載された作品に、書き下ろしの「東京魔人倶楽部〜チーズのお城〜」がつきます。
愁の手下が現れ、ハツカ、大ピンチ!!??
書き下ろしでは小さなネズミ姿をたくさん書けましたよ〜! ぶらんぶらん、されています(!!?? 笑)。
もちろん、ラブなシーンも多いですので、小動物好きな方、ラブなお話がお好きな方は、ぜひお手に取ってみてくださいv


ほづみ先生に、とても華やかで可愛らしい表紙を描いていただけました!
あと、ポケットに入っているネズミとか。ピンチな場面のハツカは、コミカルでとっても愛らしいのです〜。
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年9月19日(金)発売
タイトル:「マハラジャの愛妻」
     (ビーボーイノベルズ(リブレ出版))

挿絵:桜城やや先生


マハラジャです!!
孤独な庭師の少年・ミル(15歳)は、王宮で、マハラジャ(二十代半ばくらい)しか入れない中庭の花の世話をしています。
しかし、マハラジャに姿を見られてはいけないことになっており、口をきいてもいけないことになっています。
マハラジャが中庭に来るときには、銅鑼が鳴って旗が上がることになっていて、そうしたら身を隠さなければならないのです。
黙々と真面目に仕事をこなしていたミルですが、ある日、中庭でマハラジャの危機を救ったことで、誰にも秘密で親しくさせてもらうことになり……!?

すごく好きな(愛していると言っても過言ではありません。)マハラジャのお話です。
加納の書きたかった世界そのままに書けていると思います、思い残すことはなにもありません。
甘い身分差もので、キューンとなりたい、という方は、ぜひお読みください〜!!

桜城先生の描いてくださった表紙が、すごく鮮やかなのです!!
担当さんと電話でお話ししながらPCの方へ画像を送っていただいたのですが、拝見したときに思わず「おお〜!!!」と感嘆の声を上げてしまいました。
本当にきれいでキラキラしています。
今までにどこでも見たこともないような、インパクトのある表紙です(ピンク色とか大好きですし、二人がラブラブしていて、うれしいのですv)。
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年8月28日(木)発売
タイトル:「吸血鬼のペット!?」
     (もえぎ文庫ピュアリー(学習研究社))

挿絵:ホシザイン先生


オオカミで吸血鬼!? ものです。
四月に発売されました文庫「吸血鬼のごちそう!?」の続編です。
夕夜(ゆうや)と暮らし始めた海(うみ)。
しかし、吸血鬼の大王からは命を狙われるし、夕夜の従兄弟の香月(かげつ)には迫られる(?)し、おまけに『海に関する重大な秘密』が明らかになるし……で、海の日常はさらに大変に!!??
そんな中、海は夕夜の意外な過去を知り、ついに一線を越え……る!?

海が吸血鬼二人に今にも奪われそうになっている(なにを!?)表紙を、ホシザイン先生に描いていただけました〜!!
巻末に描き下ろしてくださったショート漫画が、夕夜と海の性格をとてもよく表していて、とっても楽しいのです♪
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年8月7日(木)発売
タイトル:「盗賊王と熱い夜」
     (B−PRINCE文庫(アスキー・メディアワークス))

挿絵:六芦かえで先生


弱小国の王子パシャは、借金返済の代わりに、妹を隣国の悪大臣の妾に差し出せと言われて、妹の代わりに女装して隣国へ向かいます。
しかし、砂漠で盗賊に誘拐され……!?
盗賊の首領で『盗賊王』と呼ばれているアラバールは、大臣の悪事を暴く代わりに、パシャに身体を差し出すように要求してきて……!?

ラブシーンがたくさん♪
宝石で仲良しなシーンもあって、本当に『熱い夜』を目指して書きました〜。

六芦かえで先生の、淡い色使いの、とっても可愛らしい表紙なのです!!
アラバールが野生的な感じで男らしくて、うっとりしています。
どの挿絵も光に溢れていて眩しくて、砂漠の雰囲気でうれしいです。衣装などもいろいろと考えてくださって、ありがとうございました!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年8月13日(水)発売
タイトル:「恋の王朝絵巻〜闇夜の山賊〜」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:こうじま奈月先生

こちらは他社さんでノベルズだったものの文庫化です。ショートの書き下ろしがつきます!!
父親に八岐大蛇(やまたのおろち)退治に向かわされた明良(あきら)は、そこで山賊の首領・鷹将(たかまさ)に襲われてしまいー!?

こうじま先生の生き生きとした可愛い挿絵で文庫化です!
とても気に入っているお話なので、すごくうれしいです!! どの絵も本当に可愛らしくて、明るくて眩しいのですが、口絵の西瓜を食べている二人が特にほのぼのしていてイイ感じなのです♪

ダリア文庫さんのHP。
ダリア文庫さんの7月、8月のフェアのページはこちら。
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2008年7月11日(金)発売
タイトル:「天使の情事」
     (ダリア文庫(フロンティアワークス))

挿絵:椎名咲月先生



主人公は、絵を描くのが好きな友希(ともき・19歳)です。
過去のとある出来事がトラウマになって、絵を見られるのを極度に怖れている友希。
しかし、美術館で会った巽(たつみ・30歳過ぎくらい?)の男の言葉に救われ、彼に心を開いていき……?


椎名先生の描いてくださった表紙が、とってもきれいなのです。
表紙のラフを拝見させていただいた段階から、友希のカワユさにドキドキしていたのですが、こんなにきれいに描いていただけて幸せ〜。
口絵の二人はあまりに色っぽいので、本屋さんではお気をつけください!!

ダリア文庫さんのHP。
ダリア文庫さんの7月、8月のフェアのページはこちら。

☆★☆ 発売中 ☆★☆            


発売日:2008年6月13日(金)発売
タイトル:「もふもふ記念日」
     雑誌「小説b−Boy」7月号(リブレ出版)掲載・ショート

     BBN「皇帝は花嫁を抱く」の緑と鈴です!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆             


発売日:2008年4月24日発売
タイトル:「吸血鬼(ヴァンパイア)のごちそう!?」
     (もえぎ文庫ピュアリー(学習研究社))

挿絵:ホシザイン先生


吸血鬼 × フツーの高校生

ある日、主人公の海(うみ・高校二年生)は、帰り道の公園で、蝙蝠にいじめられている仔犬を拾います。
とても可愛い仔犬だったのですが、餌を食べようとしません。
そして、海の傷ついた指先の血を舐めたとたん、金髪・緑の目の美形吸血鬼(ヴァンパイア)・夕夜(ゆうや・見た目は海よりちょっと年上くらい?)に変身します。

夕夜は超ーーーオレ様な性格で、おまけに「とんでもない場所」から血を吸おうとしてくるのです。
海は、夕夜のライバル吸血鬼・紫羽(しば)に命を狙われたり、夕夜の家に連れていかれたり(吸血鬼の家!!!???)と、もう大変っ!! な毎日になってしまって……!?


ホシザイン先生が、とっても美麗かつ可愛いイラストを描いてくださっています♪
実は、夕夜には、もっふもふの「けもみみ」と「けものしっぽ」が時どき出たりするのですが(そこは加納なので!!)、その夕夜をすごく男っぽく、獣で色っぽい感じに描いていただいているのです!!

巻末のおまけ漫画とか、キャララフ集とか、もう素敵でキュート!
あとがきに描いてくださった三頭身(いや、二頭身半?)のチビ夕夜とチビ海は、本当に『ありえないくらい可愛い』ので、見ているだけで幸せになれます♪♪

もえぎ文庫ピュアリーさんの作品紹介ページ。作品の一部が読めます!!
☆★☆ 予告 ☆★☆      ピンクnew      


発売日:2008年3月20日
タイトル:「先輩と……秘密の放課後♥」
     (「小説ディアプラス」ハル号掲載 新書館)

挿絵:桜木あやん先生


先輩 × 後輩 です!!
ある朝、電車の中で痴漢に遭ってしまった蛍(ほたる)。
サッカー部の先輩の南(みなみ)に助けられますが、その日の部活動が終わると、彼に呼び止められて……!?
南の友人の羽島(はしま)も参加して、3P……か!!!???

「ももいろヘブン」というピンクページに載ります!!
したがって、最初から最後までエ○一色です♪


桜木先生の描いてくださった南がカッコイイですよ〜〜〜。
表紙もソソル感じで素敵なのですが、本文にもピンク度が高くてドキドキなイラストをつけていただけました♪
ぜひ、お読みになってみてください!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2007年12月19日 二冊同時発売

タイトル:「皇帝は花嫁を抱く」
     (リブレ出版 ビーボーイノベルズ)
タイトル:「皇帝は白百合を奪う<新装版>」
     (リブレ出版 ビーボーイノベルズ)


挿絵:門地かおり先生


「皇帝は花嫁を抱く」は虎シリーズの最新刊です♪♪

とある港町に働きに出てきた鈴(りん・15歳)。
しかし、頼りにしていた王という男が行方不明になっていたため、仕事もなく困っていました。
お腹が空いて海に落ち、溺れていたところを、緑(りょく・20代半ば)という男に助けられます。
皇帝に頼まれて南の港町を治めに来た彼は、国でも屈指の権力を持つ『最高文官』でした。
彼は、鈴に仕事をくれますが、それは女装して彼の婚約者のふりをすることで……!?

門地先生が描いてくださった鈴は、女装で可愛いけれどしっかり男の子、です♪
表紙もすっごく素敵なのですが、二人が翡翠風呂に入っている口絵が美しい〜っ!!
思わず見惚れてしまいます。そして、ところどころに入っているチビ絵がまた、キュートすぎるのです!!



「皇帝は白百合を奪う」は、巻末に新装版用の書き下ろしが入っています♪

山の中で、怪我をした虎を助けた風(ふう・15歳)。
虎は人へと姿を変え、青(せい・20代半ば)と名乗ります。彼は、異母兄に命を狙われているから、風に匿って欲しいと言い……!?

☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2007年11月30日発売
タイトル:「西の極道 東の姫」
     (幻冬舎コミックス リンクスロマンス)

挿絵:あかつきようこ先生


普通の人間同士です。
大阪から来た謎の男? × 教会で働いている子

なにをやってもダメな早紀(さき・20歳)。
母親が亡くなり、行くところもなくなって、新宿の教会で暮らしています。
ある日、チンピラに絡まれていた早紀を助けてくれた、謎の男、修悟(しゅうご・27歳)は……!?


あかつき先生に、とってもカッコイイ修悟を描いていただけました♪ 
まさに大人の男という感じです! そして何度も言いますが、仔猫のエリーがメチャクチャ可愛いのです。

ぽややんな早紀と修悟のラブシーンが甘くてやさしくて、イラストを見ているだけで幸せな気分になります♪

☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2007年11月19日発売
タイトル:「皇帝は虎を求める<新装版>」
     (リブレ出版 ビーボーイノベルズ)

挿絵:門地かおり先生


楽士になるため、虎退治に参加することにした雨(うー・15歳)。
手助けしてくれる白(はく・20代半ば)は、金色の瞳の美丈夫で、たまに寂しげな表情を見せて……!?


巻末に、新装版用の書き下ろしがちょこっと入っています♪
☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2007年10月23日
タイトル:「東京魔人倶楽部」
     (「小説アクア」冬の号掲載 オークラ出版)

挿絵:ほづみ音衣先生


悪魔 × ネズミ(リアル)ちゃん です!!
二十日ネズミのハツカは、ご主人様である悪魔の元で働いています。
人間界で高校生として楽しく暮らしていたのに、ある日、幸せな生活を脅かすライバルが現れ……!?


ネズミが書けましたよ〜〜〜〜〜っ(嬉)!!


ほづみ先生に、ポケットに入っているネズミの絵を描いていただけました♪
とってもキュート!!!
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2007年9月13日
タイトル:「だって、キツネなんだもん♥」
     (「小説ビーボーイ」10月号掲載 リブレ出版)

挿絵:杉原チャコ先生


大学の准教授 × キツネ(リアル)ちゃん です!!
ある日、大学で経済学を教えている正志(まさし)が家に帰ると、玄関にキツネの紺(こん)が落ちていて……?

ぜひ、読んでいただきたい! 可愛いキツネ描写がいっぱいです!!!

そして、メチャクチャ可愛いキツネのラフもいただいたので、挿絵が楽しみなのです♪♪
☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2007年8月13日発売
タイトル:「千の夜に愛を誓う」
     (フロンティアワークス ダリア文庫)

挿絵:六芦かえで先生


砂漠の王宮での、ちょっと切なくて可愛らしいお話です。
オアシス都市の王子様 × 楽団の踊り子

二年前のある日、踊り子のシャリアムは、野盗たちに襲われそうになっていたところを一人の男に助けられます。
彼はデルラートと名乗り、踊りを披露したシャリアムに、小さな鈴をくれます。

二年後……とあるオアシス都市で再会した彼は、その国の第二王子でした。
再会を喜んだシャリアムなのですが、デルラートはシャリアムのことを覚えていないばかりか、媚薬を使ってシャリアムの身体を苛み続け……!?


六芦先生の描いてくださった挿絵が、しっとり可愛くて、お話の雰囲気を切なく素敵にしてくれています♪
なんと表現したらいいのか……砂漠の眩しい光と風を感じ、懐かしいような気持ちになる、そんなイラストです。

デルラートは男っぽいですし、シャリアムは仔猫のように可愛くて、うれしいのです♪

☆★☆ 発売中 ☆★☆      


発売日:2007年5月19日発売
タイトル:「黒のカーン公爵」
     (リブレ出版 ビーボーイノベルズ)

挿絵:一馬友巳先生


主人公は、とある王国の第二王子・ルカ(15歳)。
戦争の絶えなかった隣国との友好のため、三ヵ月後に婿入りをすることが決まっています。

そんなとき、国王である兄から、隣国への婿入りに必要な教育を受けるため、国内外から恐れられているカーン公爵の城で彼といっしょに過ごすようにと言われてしまいます。

呪われているとの噂もあり、冷酷な「黒の」カーン公爵と呼ばれるラインハルト(28歳)。
魔物のように美しく男らしい容姿の彼ですが、ルカは彼の城で暮らすことを恐れていました。
城に着いたその翌日、ルカはラインハルトから、隣国の姫との「夜の作法」を教えられることになり……!?

密やかで甘い、ヒストリカルな雰囲気のお話です♪


※ 注意 ※ 動物は出てきません!!
         (あ、本物の狼とネズミは登場します(笑))



一馬先生の描いてくださった表紙も、口絵も、本文イラストも、なにもかもが美麗なのです!!
一枚一枚、本当に丁寧に描いてくださって、どれも雰囲気があって素晴らしいです。

特に公爵の格好よさにうっとり。
そして、ルカの恋する瞳(8枚目)が可愛すぎ(><)! 担当さんにコピーをいただいて、何度も見ています。

☆★☆  発売中  ☆★☆ 


発売日:2007年4月23日発売
タイトル:「ひみつのコウモリ一家」
     (オークラ出版 プリズム文庫)

挿絵:椎名ミドリ先生


主人公は、とある高校で教師をしている香澄(かすみ)・24歳。
ある日、男子生徒・優一(ゆういち)・17歳に告白されます。

美人系の香澄は、けっこうモテることに慣れています。男に告白されるのも、またか……と思ったのですが、しかし、その男子生徒がいつもとちょっと違ったのは、いきなり黒い羽を見せて、「俺、コウモリだけど、それでも付き合ってくれる?」と訊ねてきたことで……!?

とっても、「ひみつ」な感じの表紙を描いていただけました♪


「ひみつのコウモリ一家」(4月23日発売 オークラ出版)
のウェブ上サイン会があります!!

受付(2007年3月16日(金)AM05:00〜3月28日(水)PM11:59 受付数満了次第終了)

詳細は「中央書店コミコミスタジオ」さんのページでどうぞ。ここをクリックすると新しいウインドウが開きます。
ピンクnew

☆★☆ 発売中 ☆★☆


発売日:2007年2月5日発売
タイトル:「恋の王朝絵巻−闇夜の山賊−」
     (リーフ・リーフノベルズ)

挿絵:こうじま奈月先生


山賊の首領 × 貴族の血を引く田舎の子

主人公は、15歳の明良(あきら)。
ある日、父のところに村人たちが助けを求めにきたことから「八岐大蛇(やまたのおろち)」退治をすることに!!
大蛇を騙すために娘の格好をし、夜の山中で震えながら待っていると、山賊の首領の鷹将(たかまさ)が現れて……!?


こうじま先生に華やかな二人の表紙を描いていただけました!!
口絵カラーの明良が西瓜を食べているのですが、笑顔がすごく可愛いんです! おおおお、抱きしめたい(><)!!

明るくて、可愛くてエ●く、楽しい、を目指しました。
受・攻ともに、加納の好きなタイプの二人です。
ちょっと平安風味のお話なのです♪

☆★☆ お知らせ ☆★☆


発刊日:2006年11月上旬(リーフFC会誌・30号)

Leafy ACT.30(リーフファンクラブ会誌)で、ほづみ音衣先生が、加納のノベルズ「専制君主の愛の島♥」のショート漫画を描いてくださっています。
二人の東京のマンションでの生活!?
とっても楽しくて、キュートなのです。特にチビキャラ征一郎と、菜津のピラピラエプロン姿が可愛いっ!!

☆★☆ 発売中 ☆★☆      ピンクnew


発売日:2006年9月5日発売
タイトル:「専制君主の愛の島♥」
     (リーフ・リーフノベルズ)

挿絵:ほづみ音衣先生


島に独りで住んでいる御曹司 × 島に働きに行くバイトの子

主人公は、父親の借金を返すために、高校を辞めて働いている菜津(なつ)・17歳。
父親は遠い九州で働き、菜津は東京で、母と、まだ幼い弟妹といっしょに暮らしています。
三千万円を返すために、皆で頑張っているのですが、生活は苦しい毎日です。

ある日、父親が以前勤めていた会社の社長が、菜津によい話を持ちかけてきてくれました。
その社長の友人が、孫の征一郎(せいいちろう)・27歳を独りで住んでいる島から連れ出し、彼の東京の会社で働かせるようにできたら、菜津の父の借金・三千万円を肩代わりしてくれるというのです。

これは行くしかない! と彼の島へ向かった菜津なのですが、ぶっきらぼうな征一郎に、すぐに追い返されそうになったばかりか、押し倒されてしまい……!?



ほづみ先生の描いてくださった表紙が、とっても、とっても可愛いのです♪
征一郎が、さりげなく菜津の○○を触っています!!
ピンクのロゴもキラキラしていて、お菓子みたいで可愛いです。

読みながら、ゆったりとした島生活に浸っていただけるとうれしいです。
きれいな海とか、魚釣りとか、砂浜でのムニャムニャ……とか。

美味しいスコーンもあります(笑)


☆★☆ 発売中 ☆★☆      ピンクnew


発売日:2006年6月17日発売
タイトル:「地獄のカワイコちゃん」
     (オークラ出版・アクア文庫)

挿絵:みろくことこ先生


地獄の閻魔大王 × 仔犬ちゃんな男子生徒

主人公は、ごくフツーの高校生・葵(あおい)・15歳。
ある夜、学校の帰り道、カラスに襲われているコウモリ(小雨森)を助けます。その飼い主である、自称(?)地獄の閻魔大王・鬼門(きもん)に、礼だと言われてキスされ、おまけにプロポーズされて……!?


2001年1月にノベルズで発売された「地獄のカワイコちゃん」(オークラ出版・アイスノベルズ)の文庫化になります。

みろく先生の描いてくださった表紙は華やかですよ〜!!
葵もカワイイんですが、鬼門がとてもイメージに合っていて、キラキラしているのです。
中のイラストもすごく楽しみ♪

明るい・可愛い・ライトな(?)お話になっています。
加納の大っっっ好きなお話なのです♪

続編が書きたい〜!!!
(五年前からの、心の中での叫び。プロットはありますが、予定はありません(すみません…)★)

☆★☆ 発売中 ☆★☆  


発売日:2006年4月5日発売
タイトル:「もう一度愛をつかめ」
     (リーフ・リーフノベルズ)

挿絵:桜城やや先生


お医者さん × ホストものです♪

主人公は、新宿でホストをしている涼(りょう)・19歳。
ある夜、仕事に向かう途中、ヤクザの重山という男と肩がぶつかり、彼の舎弟に追いかけられます。
そこを助けてくれたのが、医者をしている隆史(たかし・二十代後半)でした。

上品でやさしげな隆史と、朝の新宿で再会した涼。隆史は、いきなり、一目惚れしたと言ってキスしてきます。
彼と同居することになった涼ですが、重山から、隆史の昔の恋人が自分とそっくりの顔だったと知らされて……!?


桜城先生の描いてくださった表紙絵が、カレンダー型(4月・5月・6月)ポストカードになってついています(一部書店さま)。
フェアの書店さまについては、リーフさんのHP「LEAVES」をご覧くださいませ。


涼をカッコいいのにきれい、に描いていただけました♪
涼が隆史にプリンを食べさせてあげている場面のイラストがほのぼのな感じで、うっとりなのです。
そして、重山が素敵!!


愛について過去を持つ三人の、わりとシリアスめのお話です。

☆★☆ 発売中 ☆★☆  


発売日:2006年3月20日発売
タイトル:「皇帝は白百合を奪う」
     (ビブロス・ビーボーイノベルズ)

挿絵:門地かおり先生


虎ものです♪
前作「皇帝は虎を求める」(ビブロス・ビーボーイノベルズ 2005年3月刊)の続き……ではないのですが、同じ国(王朝?)の、少し時代が遡ったときが舞台のお話です。

主人公は、田舎で絹織物の行商をしている風(ふう)・15歳。

ある夜、近くの山で矢傷を負った虎を助けます。
その虎は、翌朝、風の目の前で、青い目をした人間の男(20代前半くらい)へと変化しました。

青(せい)と名乗ったその男は、異母兄に命を狙われて逃げていると語ります。
風は、彼のことを匿って守ってあげる、と約束しますが……!?



門地先生の描いてくださった表紙がとっても美しいです!!
まさに「奪われちゃってる」といった感じです。
どのイラストも、風がすごく可愛いんですよ〜。
水に濡れている二人の口絵がすごくお気に入り♪

甘くて、可愛くてビュアなラブストーリーです。



「ボディガードは愛を知らない」書き下ろし
表紙画像

2005年8月01日刊!

(新書版 850円+税)
リーフ出版  リーフノベルズ

 ボディガードものです♪

 某企業グループの御曹司・旭(19)は、ある日、脅迫状を受け取ります。
 一ヶ月後の二十歳の誕生日に、会社の跡継ぎとしてのお披露目パーティが予定されているのですが、脅迫状には「後継者を降りなければ殺す」と書かれていました。

 実際に、身の危険を感じた旭。
 ボディガードとして、凄腕らしい鷹塔(27、8くらい?)という男を雇います。
 しかし、彼はボディガードを引き受ける条件として、報酬の他に、旭が絶対服従することを求めてきました。
 鷹塔には危険な男の魅力があり、ちょっとサドちっくな匂いが……。

 命を失うよりは……と条件をのんだ旭は、その夜から彼にエッ○され……!?


 挿絵は桃山恵先生です。
 特に鷹塔がそれっぽい(S !?)カッコいい雰囲気でうれしかったです。
 予告カットの二人がまた素敵で、大好きだったのですー。





ページTopへ